HP、会計ソフト、顧客管理&メール配信ソフトを全て無料版で起業準備をしてみたら?

2019年11月27日

起業するときは、出来るだけコストは押さえたいですよね。そこで強い味方が、様々なクラウドの無料サービス。例えば・・・

無料で利用できるクラウトサービス

ホームページ: AmebaOwnd、jimdo、Wordpress.com Wix など
会計ソフト:freee、マネーフォワード、弥生 など
顧客管理&メール配信ソフト:ZOHOCRM、フォームラン、など

これらを使って、どこまで起業準備が出来るでしょうか?私の体験談を交えてお伝えします。

無料版でホームページを作るなら AmebaOwnd 一択?

AmebaowndのHP

無料で使えるホームページサービスは、現在色々ありますが、代表的なものは、

AmebaOwnd、jimdo、Wordpress.com Wix  あたり。。。

この中で、私が一番にお薦めするのは AmebaOwndです。理由は2つあります。

無料版から独自ドメインが使える

起業当初は「独自ドメイン」の価値はあまり分かられないかもしれませんが、起業してホームページを持つなら「独自ドメインは必須!」です。

理由は、無料版の場合、将来的にサイトの引っ越しの可能性は大いにあるので、引っ越しをしてもURLが変わらない独自ドメインにしておかないと、将来的に様々な手間やリスク発生の可能性があるからです。

ですが、残念なことに無料版で独自ドメインが使えるサービスって殆どない、というか、有名どころでは AmebaOwnd しかありません。 他の会社のサービスは、無料版はその会社のドメインの下にサブドメインつける形なので、先でサイトの引っ越しをしたら、URLが変わってしまいます。

ということで、ホームページを作る前に、まずはお名前ドットコムやムームードメインでドメインを取得しましょう。

無料版からショップが作れる

AmebaOwndは無料版からショップが作れます。他社もショップは無料版から作れますが、色々制限があったりします。その点、 AmebaOwnd は無料版から、決済方法や商品数に制限がありません。これはありがたいですね。


というこことで、無料版でまずはホームページを作りたい、ということなら、私でしたら AmebaOwnd 一択です。

尚、有料版またはサーバーを借りてHPを作りたい、となるとJimdoかワードプレスがいいと思います。過去記事で書いてますので、よろしかったらご参考になさってください。

会計ソフトの無料版で決算や青色申告は出来る?

結論から言います、できません、というかかなり無理がある。爆

私は創業した際、会計ソフトはの有名どころfreee
やよいの青色申告オンライン
マネーフォワード、3社に登録し、それぞれの無料プランを調べてみました。

結果、会計ソフトの無料版は仕訳数や期間に制限があり、青色申告や決算を乗り越えるのは不可能に近い。。。と分かりました。ただし、先で有料版移行前提でしたら、弥生ならば1年目は無料です。そもそも、エクセルを使えば無料ですけど。。。



尚、私は創業初年の青色申告は無料版でチャレンジしたので(挫折しましたが)、その体験談はこちらをご覧ください。



顧客管理はエクセルで十分。メール配信するならフォームランかZohoCRM

起業したら顧客管理システムは必要でしょうか?顧客数が少ないうちは、エクセルで十分だと思います。ただし、メルマガなどのメール配信をしたい、と思っておられるのなら、メール配信の出来る顧客管理システムがあると便利です。

私は顧客管理システムZOHOCRMの認定パートナーなので、メール配信の出来る顧客管理システムでしたら、迷わずZOHOCRMをお薦めしますが、無料版となるとフォームランというサービスも悪くないです。

そもそもフォームランは、無料のフォームを作れるサービスですが、顧客管理もできます。その顧客管理で、なんとメールが月に100件まで無料で送信できて開封状況も分かるのです。

ただ、フォームランは画面が複雑で分かりにくいのと、将来的に顧客数が増えて月100件のメール配信では厳しい・・・という場合、有料版は月々4,980円と高いので微妙です。

ですので、有料版も視野にいれるならZOHOCRMがお薦めです。

ZOHOの有料版は月々1,440円と、顧客管理システムの中ではとても安いので、フォームランの無料版では使い勝手が悪くなってきたときは、ZOHOCRMに移行されることをお薦めします。

詳しくはこちらをご覧ください。

まとめ~しょぼい起業準備の王道

ということで、クラウドサービスの無料版を使った起業・・・えらてんさんの“しょぼい起業”にあやかって?“しょぼい起業準備”をするには、どうすればよいかと言うと

“しょぼい起業準備 ” の王道

ドメインを取得して、 AmebaOwnd で無料ホームページを作成し、フォームランの無料版で月に1回メルマガ配信。会計ソフトは弥生を申込んで1年間無料サービスで青色申告を乗り切る(青色申告はエクセルを使えば永久に無料ですが・・・)

という感じでしょうか。

起業1年目は収入が安定しませんので、最初からお金をかけてあれこれ準備するのではなく、無料版を大いに利用して収入が安定したら有料版に切り替えたり、他の有料サービスに乗り換えるなどされるのが、効率的かと思います。

以上、 クラウドサービスの無料版を使った起業準備 のご紹介でした。