【RIN通信80】「なぜ?」と質問をすると、相手は「苦痛」を感じる

2020年2月10日

◆ 「なぜ?」と質問をすると、相手は「苦痛」を感じる
◆お知らせ: キーワード選定は奥が深いです・・・( 一一)
—————————————————-
「なぜ?」と質問をすると、相手は「苦痛」を感じる
—————————————————-
今日ご紹介するのは弁護士の谷原誠さんの著書

「いい質問」が人を動かす

冒頭に、

なぜ、「いま質問する力」が求められるのか?

と書かれていて、反射的になぜだろう???(。´・ω・)?と思ってしまいましたが・・・

谷原さん曰く実は、そう考えてしまうことこそが質問の力だそうです。質問は相手を強制的に特定の方向で考えさせる力を持っているそうです。そして、

質問する力を身に着けけることは人生で成功する力を身につることに等しい

え?!質問ってそんなに力があるの?!(';’)と思ってしまいますが本書を読みますと、なるほど質問を駆使すれば人も操れるし、人間関係も円滑になりそう・・・と思える事例が沢山出ていました。

その中の1つが今日のタイトル

「なぜ?」と質問をすると、相手が「苦痛」を感じる

この理由ですが、「なぜなら~」と答えに論理性を求められるため、頭を使う必要があり更に論理性がないことを言うと「バカ」と思われる?!だから、一生懸命頭を使うので「苦痛」を感じるそうです。

ですので、「なぜ」を使う場面では「何を」「どのように」などの 5W1HのWhy?以外・・・つまり4W1Hの どれかに 変換するとよいそうです。具体的な事例をご紹介します。

「なぜそんなに怒っているの?」(。´・ω・)?
変換↓↓
①What:「何が気に入らないの?」
②Who:「誰のことを怒っているの?」
③When:「いつのことを怒っているの?」
④Where:「どこでおきたことに怒っているの?」
⑤How:「どうすれば怒りが収まるの?」

ちょとソフトに感じますね。(#^^#)

「なぜ?」の分解は、 相手に苦痛を与えないだけでなく、色々な情報が得られるのでお互いの理解にも繋がるそう。日常的にも使うと便利だそうですよ!(^^)/

—————————————————-
お知らせ:キーワード選定は奥が深いです・・・( 一一)
—————————————————-

サイト制作では、狙ったキーワードで検索されたときに上位に表示されるよう、色々仕掛けをします。

これをSEO対策と言いますが、例えば、 オフィスRINのホームページは「zohocrm」の検索で上位表示されるよう作り結果、色々な企業様からのお問合せ頂いております。

ただ、残念なことに・・・「zohocrm」のキーワードでこられるお客様と私の提供するサービスが折り合わない・・・ということが、徐々に分かってきました。具体的には、企業様の規模が少し大きいのです。

そこで、私のサービスと噛み合う顧客層はどこか?と考えた場合、起業したい方や起業間もない個人・法人様と思われたのでその層向けのブログを昨年、開設しました。

このブログで狙った検索キーワードは「札幌」「起業」「開業」でブログ開設して4カ月ですが、上位表示され始め個人の方からのお問合せが来るようになりました。

ということで、キーワード選定はビジネスの戦略と関わるので奥が深いです・・・( 一一)というお話でした。('◇’)ゞ


—————————————————-
以上が今週のメルマガでした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。m(__)m



*オフィスRINのホームページに飛びます