ZohoCRM無料版でセミナー集客・受付管理を自動化する方法

2019年12月3日

メルマガ配信も出来る顧客管理システムZOHOCRMは、無料でアカウント登録が出来ます。アカウント登録をするとメール配信やWebフォームの機能が使えて、例えばセミナー集客・管理を自動化することも可能です。

そこで、その方法についてご紹介します。

無料で使える顧客管理システムZohoCRM

最初に、ZOHOCRMについて説明します。ZOHOCRMは顧客管理システムですが、登録している顧客にメール配信が出来たり、ホームページなどにお問合せや申込フォームを埋め込んで顧客管理システムと連動させる、などの便利な機能が沢山あります。これらの機能が無料版から使えます。

そこで早速、無料版でセミナー集客・受付管理の自動化をしてみましょう。

*ZOHOCRMお詳細については知りたい方は、オフィスRINのホームページをご覧ください。

無料版から1日70件のメール配信が可能

セミナーを開催するとなると、まずは集客が必要ですよね。もし、お客様のメールアドレスのリストをお持ちでしたら、お名前とメールアドレスをZOHOCRMに登録しましょう。

でも、その前にアカウント登録が必要です。
無料アカウント登録はZOHOCRMのホームページからも出来ますし、こちらのリンクからも可能です。

無料登録が完了すると15日間の有料プランのお試し期間となり、1日70件までメールを送ることが出来ます。(15日間のお試し期間を過ぎると1日50件まで)つまり、セミナーを開催したいと思ったら、ZOHOCRMを使えば

・1日70人に案内をすることが可能。
・更に送信結果(開封・クリックなど)が分かる。( 有料プランお試し期間中のみ)

ホームページに埋め込めるWebフォーム

セミナーの集客はメール送信で出来ますが、お申込みはどうしたらよいでしょう?これもZOHOCRMの機能で対応できます。

下はこのブログの問合せフォームですがZOHOCRMで作っていまして、ここにお客様が情報を入力をされると、ZOHOCRMから自動的に受付メールが送られる仕組みになっています。こういうフォームを自由に作ることが出来ます。

ですので、セミナーの場合もWebフォーム機能を使って受付フォームを作り、自分のブログやホームページにに貼り付けると、同じことが出来るのですね。便利ですよね。



メール配信とWebフォームの組み合わせで、セミナーの集客・受付管理を自動化

以上のことからZOHOCRMを使ってセミナー集客すると、

①ZOHOCRMからメール送信
②メールに記載した受付フォームのURLからお客様がお申込み
③お申込みされたお客様情報がZOHOCRMに蓄積され申込リストも作成される

④お申込みをされたお客様にZOHOCRMより受付メールが送信される

という自動化が可能になります。

いかがでしたか?これだけの仕組が、ZOHOCRMは無料版から出来るんです。すごいですよね。

このZOHOCRMを使ってみたい、という方はお気軽にご連絡くださいませ。