【2020年5月】無料のメール(メルマガ)配信システム3選!

2020年5月27日

私はメルマガ配信の仕組作りをお手伝いしている仕事柄、無料のメール配信システムに関するお問い合わせを多々頂きます。

実際に、無料でメール配信できるサービスは沢山あります。ただ、沢山あるがゆえに、何を基準に選んだらいいか分からないですよね。

そこで、私がお悩みの皆様に代わって、お薦めする無料メール配信システムを3つ選びました!以下にご紹介しますね。

オフィスRINが選ぶ無料メール配信システム3選

1.BENCHMARK
2.Zoho Campaings
3.める配くん

月間配信数250通以下ならBENCHMARK 一択!

もし、月間配信数が250通以下でしたら、迷わず BENCHMARK をお薦めします。というか、もうこれ一択です。これをお使い下さい。( ー`дー´)キリッ

BENCHMARKをお薦めする理由

BENCHMARKをお薦めする理由は次の通り。

  • 操作がとても簡単
  • 配信結果(開封・クリック・時間)が個別に分かる
  • 無料の期間制限がなく、また月間配信数は250通と多い

操作性、レポート機能が凄い!

BENCHMARKは無料トライアルに期間の制限がありません。更にアドレスは最大1万件登録できて、月に250件まではメール配信が出来ます。

更に、無料のメール配信システムは、配信結果が分からないものが多い中、開封・クリック・更には時間まで分かります。このレポート機能はレベルが高いです。

そして操作がとても簡単で初めての方でも慣れればすぐに利用できる操作画面です。(下の図ご参照)

配信するメールを登録する画面ですが、配信先、送信元、件名、本文&デザインだけ選べば、配信できます。簡単ですよね。

オフィスRIN推奨のZohoCRMとの違いは?

ここまでBENCHMARKを褒めると、オフィスRINがお薦めしているZohoCRMの立場は?と思われそうですが、 BENCHMARK はあくまでメール配信システムなので、顧客データを蓄積・管理するシステムではありません。ですので、配信の履歴は一定数までしか蓄積されず、顧客を育てるという点は弱くなります。ただメール配信が出来ればいいという方でしたら、 BENCHMARK で十分かと思います。

月間配信数12,000通まで無料!圧倒的コスパの Zoho Campaings

私がメルマガ配信に使っているソフトはZOHOCRMという顧客管理システムですが、これとは別にZoho Campaigs (ゾーホーキャンペーン)というメールマーケティングシステムがあるんです。

コストパフォーマンスはナンバーワン!(だと思う)

私の知る限りのメール配信システムでは、有料、無料どちらもZoho Campaingsが一番コストパフォーマンスは高いです。多分。
理由は次の通り。

  • 無料の期間制限がなく、配信数は月間12,000通(先数は2000人まで)
  • 配信結果(開封・クリック)が個別に分かる
  • 無料版のZOHOCRMと連携も出来る

BENCHMARKの月間配信可能数が250通までに対し、 Zoho Campaings は12,000通ですよ!!凄すぎます。更に無料版のZOHOCRMとも連携できるので、配信結果をCRMに蓄積したり、CRM上の顧客データを元にセグメントした先に Zoho Campaings からメール配信も出来るんです。

ちょっと残念な操作性。。。

こんなにコスパの高い Zoho Campaings ですが、私がイチオシにしない理由が。それは操作性がちょっと残念・・・なのです。

下は配信するメールの登録画面ですが、一見、BENCHMARKと同じ画面に見えるのですが、いざ入力する際は微妙に難しい。この画面だけでなく、全体に機能が多すぎて随所に分かりにくく、使い方を理解し慣れるまでは時間がかかるかもしれません。

また、配信するメールの文面には審査があります。原稿の修正が頻繁に出来なかったり、すぐに配信が出来ない点もBENCHMARKに比べると不便です。

とはいえ、大量のリストをお持ちで無料でメルマガ配信をしたい方には、 Zoho Campaings はお薦めです!更にZOHOCRMと連携させれば高いパフォーマンスを得られます。

月間配信数500通までなら無料版で全機能が使えるめる配くん

先の2つのシステムは海外製品の日本版なのに対し、最後にご紹介するシステムはのは日本の従来型のメール配信専用ソフト、める配くん です。随所に日本らしさが。。。

最大の魅力はステップメール

気楽にメール配信をしたい、という方にはよけいな情報が出てこないので、使い易く感じるかもしれません。更にめる配くんには、下記のような魅力もあります。

  • 無料の期間制限がなく、配信数は月間500通(先数は120件まで)
  • メール配信毎の配信結果(開封・クリックの数)が分かる
  • 無料版で全ての機能が使える (お誕生日メール、ステップメールなど)

最大の魅力はステップメールが無料で出来る点ではないでしょうか。ステップメールをしたい方にはお薦めです。

尚、メール配信の開封結果は、集計数は出ますが個々の明細までは出ないので、BENCHMARKや Zoho Campaings より劣ります。

シンプルで一世代前風の画面には安心感が

める配くんの操作画面はシンプルで見やすいです。一世代前風の画面・・・という感じですがよけいな装飾がなく逆に安心感があります。

メール配信の登録画面も、Outlookのメール送信画面のような親しみやすさが。

配信数120先以下で月に複数回、気楽にメール配信したい方、ステップメールをしたいう方にはお薦めです。



おまけ:Wordpressのお薦めプラウグインとGメールやOutlookでのメルマガ配信について

誰でも使えるメルマガ配信システムとは少し違いますが、ワードプレスをお使いの方はプラグインでメール配信が可能です。

ワードプレスのメルマガ配信プラグインmailpoet3

色々なプラグインがあるようですが、mailpoet3というプラグインが1回あたり2,000人まで配信可能、かつステップメールも出来て、日本語対応もしているそうで、とても便利そうです。

GメールやOutlook はお薦めしません

尚、メルマガを配信するのにGメールやOutlookなど、通常のメールアプリでメルマガ配信をされている方もいらっしゃいます。これらのアプリは、送信するアドレスをb.c.c.に入れれば、1回の送信で多数の宛先にメール送信が出来ます。

ただ、この方法はあまりお薦めできません。理由は・・・

  • 誤送信の危険がある
  • b.c.c.で送ったことは相手に分かるので、よい印象にはならない

という2点です。特に危険なのは誤送信で、b.c.cに複数の宛先を入れたつもりが、c.c.に入れてそのまま送信したために、送信アドレスが全てオープンになってしまう。。。というミスをしている方を、これまで何度か見ました。

ただでさえ、個人情報の取り扱いが厳しい昨今ですので、メール配信はメール配信専用のアプリやサービスを利用しましょう。

まとめ

以上がオフィスRINが選ぶ無料のメール配信システムでした。3つのシステムの選び方のポイントは配信先数と月間の配信回数で検討されるのがよろしいのではないでしょうか。

3つのメール配信システムの選び方

1.配信先が250まで、月1回配信でOK→BENCHMARK
2.配信先が250を超え、月に複数回配信したい→
Zoho Campaings
3.配信先が120まで、月に1~4回配信したい(ステップメール等)→める配くん

尚、上記のメール配信システムを使って無料でメルマガ配信をしたいけど、使い方が分からない等、ご相談ありましたら、単発でのセッティングなどもご相談にのらせて頂きますので、 お気軽にお問合せくださいませ。

以上がオフィスRINがお薦めする無料メール(メルマガ)配信システムでした。