WordPress5.3-jaの更新による不具合の対処法(Luxeritas、cocoon)

2019年12月2日

遅ればせながら12月に入ってWordPressを5.3-jaを更新しました。ワードプレスはLuxeritas、Cocoonの2サイト運営していますが、2サイトとも更新で不具合が出ました。 Luxeritas (ルクセリタス)は投稿画面が真っ白になり、 Cocoonはブロックの上下移動が出来なくなる症状です。

それぞれのフォーラムで解決策をさがしたところ、対応策が見つかり無事に解決しましたのでご紹介します。

Luxeritasは投稿画面が真っ白になる不具合の報告が

まずはルクセリタスの不具合から。

ワードプレスのアップデートはこれまで特に苦労したことはなかったので、バックアップは取った後、気軽に更新ボタンを押しました。そしたら1分もしないうちに更新は完了。ダッシュボードも新しい仕様に。

ワクワクして新規投稿をクリックしてみたら、あれ?真っ白。。。そこで既に書いた記事の編集をクリックしてみたんですが、そこでも真っ白。

クロームのせいかと思い、edgeでログインを試みますが、edgeでは管理画面が真っ白に。。。更にスマホのクロームアプリでもログインを試みますが、ここでも管理画面が真っ白。。。

これでは記事の投稿や編集が出来ない。。。ってことで途方にくれました。

一旦、WordPress5.3を5.2.4にダウングレード

そこでネット上で「WordPress5.3 不具合」で検索したところ、 WP Downgrade | Specific Core Version というプラグインを使って元の状態に戻した、という記事がありました。まずは、私もこれをして落ち着こう。。。ってことでプラグインを入手。

こちらの記事のお陰でワードプレスは元の状態に戻りました。根本解決ではないけど、とりあえず逃げ道は出来た、ということで精神的にとても落ち着きました。これ、大事。

Luxeritas の開発者さんに聞いてみよう!

精神的に落ち着いたところで、改めてネットで調べてみると、私と同じ症状はルクセリタスで発生しているっぽい?そこで、ルクセリタスの開発者のるなさんのサイトに行ってみると「ブラウザをキャッシュクリアして再起動してから更新」という指示がありました。

そこで、早速キャッシュクリアをやってみたのですが症状は変わらず。困り果ててコメントを入れてみました。そしたら、数時間後にすぐ返答が。

開発者さんってすごいですねー。一人一人にこんなに丁寧に対応されているなんて、頭が下がります。

キャッシュクリアが原因でないならプラグインの停止・・・で解決

るなさんのご指示通り、キャッシュクリアでは症状は変わらなかったので次はプラグインを停止して更新してみました。そしたら、今度はすんなりと投稿画面が現れました!

原因はプラグインだったんですね。。。なんと初歩的な。。。るなさん、スミマセン。<m(__)m>

なおedgeやスマホからログインすると管理画面が真っ白になる症状も解決しました。



Cocoonは投稿画面は表示されるけど、ブロックが移動できない

ルクセリタスのサイトが無事に更新できたので、次はCocoonのサイトを更新しました。こちらでもプラグインの停止忘れてたんですが(バカなの?)、問題なく更新できました。

ただ、いざ投稿画面を開いたらブロックの端についていた上下に移動する矢印が見当たりません。

そこでCocoonのフォーラムに言ってみましたら、同じ症状の人が沢山おられ対応策が書かれていました。それによると、子テーマを最新のものにアップデートすれば解決とのこと。

ということで、既にCocoonの子テーマは自動アップデートできる状態になっていたので管理画面からアップデートしたら解決しました。

まとめ

ワードプレスの更新はこれまで何度も経験しましたが、今回のようなトラブルは初めてでした。そして、解決まで結構時間がかかりました。

その中で次の2のことが教訓になったので記録しておきます。

更新はしばらく様子を見た方がよい

今回の不具合にあたり、色々調べてみると、ワードプレス側でバグがあり何度か修正されていたり、テーマ側でもワードプレスに合わせたアップデートは、検証にしばらく時間がかかっていることが分かりました。

幸い私は、Wordpress5.3が出てから1カ月くらい経っていたので、 不具合の情報がネット上に沢山出てたので精神的にとても助かりました。そして既に、ワードプレス側のバグも解消され、テーマ側も検証が終わったアップデートを管理画面から出来る状態でしたので、対応がスムーズでした。

とうことで更新は1カ月くらい様子見た方がよいかも、ですね。

バックアップとダウングレードのプラグインは必須

ワードプレスの更新の際はバックアップは必須ですが、ダウングレードのプラグインも入れておいた方がいいと今回しみじみ思いました。

今回入れたプラグイン、WP Downgrade | Specific Core Version はダウングレードがすぐに出来ます。普段は停止してますが消さずに残しておこうと思います。

以上が WordPress5.3 の更新に関する不具合のお話でした。