【RIN通信75】コミュニケーションとは行き違いや誤解の修正プロセス

2020年1月6日




◆コミュニケーションとは行き違いや誤解の修正プロセス
◆メルマガに使える 小ネタ :コミュニケーションが人間と似ている動物は?
◆ お知らせ: 今年はメールマーケティングを展開致します。
—————————— ———————-

コミュニケーションとは行き違いや誤解の修正プロセス

—————————————————-
今日ご紹介するのは、カウンセラーの平木典子さんの著書

自分の気持ちをきちんと<伝える>技術

の中の言葉です。

コミュニケーションとは行き違いや誤解の修正プロセス

コミュニケーションというとスムーズなやりとりを想像しがちですがこの本によると、

人との会話は総じて解釈のズレが生じるものでそれを修正していく過程がコミュニケーション

とのこと。

本の中に、例がありました。

<ケース1>Aさん「今朝、コップを割ってしまったんですよ」(心の声:私って慌て者だな~)Bさん「よほどあわてていたんでしょうね」Aさん「そうなんですよ~(^^;)」

この場合だと、会話は噛み合いますが次の場合は微妙に・・・

<ケース2>Aさん「今朝、コップを割ってしまったんですよ」(心の声:とても大事なコップだったんだよな~)Bさん「よほどあわてていたんでしょうね」Aさん「・・・(-_-)」

となるそうです。

ケース2は、この会話がダメなのではなくそのときの、Aさんの (-_-) っていう反応を見たBさんがこれは、何か事情がありそうだな、と察して・・・

Bさん「それはどんなコップなのですか?」(´・ω・)?などと尋ねればAさん「実はね・・・」(/ω\)と、コップへの思いを語り出す。。。

こうやって、お互いの理解が深まるそうです。

ということは行き違いがや誤解があったときはお互いの理解を深めるチャンス!と前向きに捉えるたらよいですね。(^^)/

—————————————————-

◆メルマガに使える 小ネタ:コミュニケーションが 人間と似ている動物は?
—————————— ———————-

*当記事は、メルマガでは著作権フリーの記事として配信しており非公開とさせて頂きます。ご了承ください。
メルマガ登録されますと、メルマガに使える小ネタ集の閲覧ができます。

—————————— ———————-
お知らせ:今年はメールマーケティングを展開致します。
—————————————————-

私は前職で、4000人の顧客に対してメルマガ配信を行っておりました。

4000人に一律のメルマガではなく、4グループに分けて合計で月に6回のメルマガ配信を行っておりました。

このように顧客を階層や業種などでグループ分けしそれぞれの趣向に合ったメール配信を行うことをメールマーケティングと言います。

メールマーケディングは運用は手間がかかりますが顧客満足度を上げる点では大変効果的です。

このメールマーケディングを今年はオフィスRINでも展開していく予定です。

具体的には、改めてメルマガやブログでご紹介させて頂きます。宜しくお願い申し上げます。

<ブログ記事より>
ZohoCRMの運用:メール配信に慣れたら、メールマーケティング!

—————————————————-
以上が今週のメルマガでした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。m(__)m

*オフィスRINのホームページに飛びます