【RIN通信58】値上げをしてお客さんが入れ替わるまでは、我慢です

2019年9月2日




◆値上げをしてお客さんが入れ替わるまでは、我慢です
◆メルマガに使える 小ネタ :
 「お花」と言えば・・・・桜?
◆ お知らせ: マンガを描いています。。。(^_^;)

—————————————————-

値上げをしてお客さんが入れ替わるまでは、我慢です

—————————————————-

今日ご紹介するのは
楽天市場でも人気の花屋さん「ゲキハナ」の経営者
古屋悟司さんの著書


「数字」が読めると本当に儲かるんですか?


内容は、ずっと赤字体質だった花屋さんが
スゴ腕の税理士さんに出会いV字回復するお話。
経営本ににありがちな成功ストリー・・・
と思って読んだら、大分違っていました。( ;∀;)


まず、古屋さんは起業3年で売上1億を達成しますが
一向に資金繰りが楽にならず、やがて経営の危機に。。。


そんなとき、スゴ腕税理士さんの出会い
「限界利益」を学んで
全商品を一気に値上げをされます。結果・・・


業績はみるみるうちに落ちて!?↓↓
税理士さんとも気まずくなり疎遠に。。。
1年後、光熱費すら払えないほど困窮します。(;´Д`)


途方に暮れていると
スゴ腕税理士さんから1年ぶりに電話が。。。
きっと、画期的なアドバイスをしてV字回復?
と思って読んだら、また違ってました。(^^;)


値上げをしてお客さんが入れ替わるまでは、我慢です


え?我慢なの?( ;∀;)
古屋さんは、この言葉を頼りに辛抱していると
半年後、少しずつ注文が来て利益が出始めます。
これでようやく、


値上げをしても欲しい人は買ってくれるのではないか・・・


と思い始め、「値上げ」に対する恐怖心が取れます。
そこから古屋さんの快進撃がスタート!


古屋さんは、全商品の限界利益率を調べてデータ化し
一気に値上げするのではなく、
個々のデータに基づいて値上げをしていきます。


これで、大きく収益が改善しV字回復!
以後はずっと黒字を維持されているそうです。


結局、黒字化するには
忍耐、利益に対する意識変革、緻密な計算・・・
が必要なんですね。。。


簡単に儲かる!的な成功法則本が多い中、
一筋縄ではいかない経営の現実を学べる本でした。('◇’)ゞ

—————————— ———————-

メルマガに使える 小ネタ :「お花」と言えば・・・・桜?

—————————————————-
*当記事は、メルマガでは著作権フリーの記事として配信しており非公開とさせて頂きます。ご了承ください。
メルマガ登録されますと、メルマガに使える小ネタ集の閲覧ができます。


—————————————————-

お知らせ:マンガを描いています。。。(^_^;)

—————————————————-

新しいサイトの準備で
マンガを描いています。(^^)

個人事業主様向けなので
親しみやすいように
マンガを多めにする予定です。


オフィスRINのホームページでも
マンガを入れていますが
マンガのあるページは
アクセスが多いです。

趣味で描いていたマンガですが
意外にも商売道具になりました。(^_^;)

—————————— ———————-
以上が今週のメルマガでした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。m(__)m

*オフィスRINのホームページに飛びます