【RIN通信22】なぜ、あなたの説明は相手に分かってもらえないのか?

2018年12月24日




—————————————————-
なぜ、あなたの説明は相手に分かってもらえないのか?
—————————————————-
今日ご紹介するのは、駿台予備校でカリスマ講師として活躍され現在、教育者として活躍中の犬塚壮志さんの著書
東大院生が開発!頭のいい説明は型で決まる

の中の言葉です。

なぜ、あなたの説明は相手に分かってもらえないのか?

え?私に仰ってます?( ;∀;)と思ってしまいましたが・・・

しっかり伝わる説明には「型」が存在するそうです。というか、伝わらない説明は「型」がないそうです。(ドキッ!)
その型は次の通りです。

1.興味をひく2.聴き手のもっている知識や認識にアクセスする3.目的を示す4.大枠を見せる5.つなげる(関連付け)6.具体化、事例、証拠を示す7.転移(応用がきく話など)

この型を意識して話すと効果抜群のようで、面談トークやプレゼンなどこの型で話したら良さそうですね♪

面白かったのがステップ1の「興味をひく」方法について

人が誰しも持つ「欲」と「恐怖」を刺激する。具体的には、「欲」はメリットをみせ「恐怖」はデメリットやリスクを伝える

これが効果的とのことです。
さらに相手を食いつかせる2つの方法も紹介されていました。

①矛盾を入れる 例:健康にいい毒って知ってます?②“秘密”を醸し出す 例:これまで誰にも話したことがないネタなんだけど・・・

面白いですね。
とてもためになる本でした!('◇’)ゞ

—————————————————
ちょっとしたネタ:西郷隆盛の銅像のはなし
—————————————————-
*当記事は、メルマガでは著作権フリーの記事として配信しており非公開とさせて頂きます。ご了承ください。
メルマガ登録されますと、メルマガに使える小ネタ集の閲覧ができます。


—————————————————
お知らせ:前職の事例をようやく書きました。
—————————————————-

前職で、ZOHOCRMを導入して顧客が増えてランクアップする仕組みを作りました。

仕組み作りに3年かかりましたが、何もしなければ、ただ顧客リストが増えただけの3年だったと思います。

それについてブログ記事に書きました。
ブログより:ZOHOCRM導入事例:顧客リストを3年かけて育てた結果・・・

—————————— ———————-
以上が今週のメルマガでした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。m(__)m

*オフィスRINのホームページに飛びます