【RIN通信72】成功者の考え方は「ずるい考え方」?

2019年12月9日




◆ 成功者の考え方は「ずるい考え方」?
◆メルマガに使える 小ネタ : 雪捨て場の雪山が観光資源に!?
◆ お知らせ:リストマーケティングにシフトする動き

—————————————————-
成功者の考え方は「ずるい考え方」?
—————————————————-
今日ご紹介するのは、企業研修コンサルタントの木村尚義さんの著書

ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門

です。

ラテラルシンキングとは、目的まで一気にジャンプする思考法。目的に向かって積み上げる論理的思考と対をなす考え方だそう。

木村さんはラテラルシンキングを「ずるい考え方」と仰ってます。
でも、人を出し抜くような「ずるい!」ではなく「してやられた!」という「ずるい」。

例えば、駅にある「自動改札機」は切符を入れた後、計算に少し時間がかかるそう。その間、改札を閉じると人の流れが止まる。

そこで、運賃計算している間の時間稼ぎのために採用された案は・・・

自動改札機を長くする( ;∀;)

「そんな手があったか!」って感じですね。(^^;これがラテラルシンキングだそうです。

この本では、エジソンなど成功者と言われている人たちのラテラルシンキングも沢山紹介されていました。一部ご紹介しますと、

・小林一三(阪急電車の創業者)あえて人のいない場所に電車を走らせ、そこに「宝塚新温泉」を作り大ヒット。温泉が下火になると、温泉に蓋をして舞台にし( ;∀;)少女たちに歌を歌わせて、これが「宝塚歌劇団」となったそう。

・松下幸之助自転車の電球を開発し販売するにあたって広告宣伝ではなく電球一万個を無料配布。その際に電池が必要だったので電池メーカーに8カ月後に20万個買う契約をして(売れる自信があったので)1万個を無料で提供してもらったそう。

ふと、現代のラテラルシンキングの代表者として・・・ソフトバンクの孫社長が浮かびました。(^_^;)

—————————————————-

◆メルマガに使える 小ネタ :雪捨て場の雪山が観光資源に!?
—————————————————-
*当記事は、メルマガでは著作権フリーの記事として配信しており非公開とさせて頂きます。ご了承ください。
メルマガ登録されますと、メルマガに使える小ネタ集の閲覧ができます。


—————————— ———————-
お知らせ:リストマーケティングにシフトする動き
—————————————————-

今、ネットでは不特定多数相手のアフィリエイトが頭打ちとなりメルマガやLINE@などのリストマーケティングにシフトする動きが出ています。

景気が悪くなるとリストマーケティングが見直されるような?(:_;)経済はその繰り返しでしょうか。

<ブログ記事より>
ZohoCRMを使ったリストマーケティングについて色々書きました。('◇’)ゞ

ZohoCRM導入によりメール配信費用30万→3万、月間配信数6倍で顧客リストが育った話

既存先フォロー、地域密着のメルマガ配信にZohoCRMが最適な理由

—————————— ———————-
以上が今週のメルマガでした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。m(__)m

*オフィスRINのホームページに飛びます